安全への取り組み

安全への取り組み

株式会社群馬赤城高原交通 home > 安全への取り組み
あ・か・ぎ 企業理念


当社は「安全は最大のサービス」であることを年頭にして、
安全の確保を最優先に”ぬくもり”と”おもてなし”の心で接遇し、
皆様に信頼され選ばれるバス会社でありたいと考えております。
  • 「貸切バス事業者安全性評価認定制度」の認定について

    貸切バス事業者安全性評価認定 - 日本バス協会

    株式会社群馬赤城高原交通は「貸切バス事業者安全性評価認定制度」の認定を受けております。安全対策にきちんと取り組んでいるかどうかを見極めるために一定の基準を設けた評価認定制度を実施しております。具体的には、貸切バス事業者の安全性に対する取組み状況や、事故、行政処分の状況等を評価して認定、公表することで利用者にわかりやすくしました。
    日本バス協会より認定を受けた事業者の貸切バスには、「SAFETY BUS(セーフティバス)」のシンボルマークステッカーが交付されます。
    * 公益社団法人 日本バス協会 ホームページはこちら
    * 一般社団法人 群馬県バス協会 ホームページはこちら

    ※行政処分の公表  行政処分はありません

輸送の安全に関する基本方針

  • 1

    安全確保の最優先がバス事業者の使命であることを深く認識し、
    社員一同安全確保に最善の努力を尽くします。

  • 2

    輸送の安全に関する法令および関連する規定を遵守し、
    厳正かつ忠実に職務を遂行します。

  • 3

    安全管理体制を適切に維持するため、不断の確認を励行します。

  • 4

    輸送の安全に関する情報については、積極的に公表します。

平成30度 安全目標

1 速度を落とし、人身事故を防ぐ運転をし、死亡事故・重大事故件数ゼロを継続する
2 物損事故件数ゼロを継続する
3 厳正な点呼の実施による飲酒・酒気帯び運転・無免許運転絶無を継続する
4 車両の点検整備不良による路上故障件数ゼロを継続する

平成29年度 安全目標の達成状況

死亡事故・重大事故
ゼロ運動の継続
平成25年の会社設立以来0件を継続しています。
物損事故ゼロ運動の継続 平成25年の会社設立以来0件を継続しています。
飲酒・酒気帯び運転、
無免許運転絶無の継続
平成25年の会社設立以来0件を継続しています。
車両の点検整備不良による
路上故障ゼロ運動の継続
平成25年の会社設立以来0件を継続しています。